こぶし花ビール・業務用卸のご案内
  (ご連絡用メールフォームはこちら
このページは、ビール(酒類)お取り扱いの業者様へのお知らせページです。
ビールのプロフェッショナルの皆さまへ
こぶし花ビールは、こんなビールです。
 今日世界的にメジャーとなったビールも、元は発祥の国各地域地域に根ざした地ビールでした。
そんな各地の”ソウル・フード”とも呼べるビールを、小規模手造りの”スローフード”として再現したビール。
そんな手作り感あふれる”クラフトビール・テイスト”が こぶし花ビール の持ち味です。

その特徴をひとことで言い表せば、こぶし花ビールは「麦の酒・麦芽のおサケ」。
同じアルコール度数の清涼系ビールと比べても、エキス分が濃く、ひときわリッチな味わいとなっています。
さらに、香りづけのため、世界でも最高品種と呼ばれるファイン・アロマホップを惜しみなく使います。
だからアロマもフレーバーもとってもリッチ。こぶし花ビールは、そんな特別あつらえのビールなのです。

リッチなコクと芳醇な香りをお楽しみいただくため、必要な材料は惜しみなく使う。
そんな造りのビールですから、贈り物や記念日に、あるいはクラフトビール・ファンのお客様、自分にご褒美のお客様、ビールやおサケをテーマにしたこだわりの料飲店様などなど……

そんな”特別なビール”をお求めのお客様に、特にお奨めしたいビールです。
 
クラフトビールとは? 
 
こぶし花ビールは、まぎれもない「クラフトビール」です。 
生産地や品種、製法などで分類されるワインと同じように、ビールにも分類法があります。
そのひとつは、お馴染みの「ビアスタイル」による分類です。
広く知られたこの分類法では、主に発祥の地や発酵法、そして、苦味や香りなどの織りなす特徴をもとに分類されますが、このビアスタイル分類に基づいてビール全体を俯瞰すると、幅広く支持を集める「メジャーブランド・ビール」と、特徴が顕著な「個性派ビール」という、ふたつのグループの姿が見えてきます。

一方、ビールの製造環境から見た場合、麦芽の酒ならではの特質から、「生産スタイル(様式)」による分類が考えられます。
広範囲の畑から原料となる麦を集めた上で、「麦芽」という中間原材料に加工した上で製造されるビールは、資本集約的な大規模生産に馴染みやすい性質を持っているといわれます。そして、その性質を活かした「大規模な規格大量生産」という、お馴染みの生産スタイルが存在するわけです。
その一方で、比較的小規模な工場や、零細な工房での手工芸的生産という生産スタイルも存在します。こちらでは、大量生産に向かないとされる個性派ビールを少量生産したり、生産量の少ない地域限定の原料を使って生産したりもします。

「ビアスタイル」と「生産スタイル」、このふたつの尺度から見えてくるビールの分類とは、どのような姿なのでしょうか。
ひとつは、ピルスナータイプや一部エールなど、広く好まれるスタイルのビールを大規模に生産する「メジャービール」という姿。それに対して、好みは分かれるかもしれませんが、その個性やこだわりに熱い支持を得て小規模に生産される「個性派ビール(スペシャリティ・ビール)」という姿。もちろんそこには、大手資本によって造られた個性派ビールも含まれます。
ところが、ここに生産スタイルを加味すると、個性派ビールの中にも、大手資本が製造する個性派ビールと、小規模醸造所が製造する個性派ビールという、異なる姿が浮かび上がってきます。

クラフトビールの起源は、1979年頃の米国ともいわれますが、その動きに強い影響を与えたとされるのが、1971年を起源とする英国のキャンペーン・フォー・リアルエール(CAMRA)です。この消費者運動が、当時絶滅の危機に瀕したといわれる小規模醸造所の復興運動でもあったことから、クラフトビールというものが、「独立小資本による製造」という生産様式から生み出されるビールであり、かつ前述の「小規模醸造所が製造する個性派ビール」のことでもあると、こぶし花ビールでは考えているのです。

クラフトビールの楽しみは、小さいながらも自由な環境を手に入れた大勢の造り手がいて、そこで伸び伸びと造られたビールを、好みに合わせて思う存分選び味わえることです。こぶし花ビールは、そんなクラフトビールのひとつであり続けるとともに、高品質なスペシャリティ・ビールを製造するクラフトビール・メーカーとして、食の豊かさ、奥深さをお求めのお客様に特別な価値を提供させていただくべく、これからも引き続き努力を重ねて参ります。

今後ともこぶし花ビールをどうぞよろしくお願い申し上げます。
 * このオピニオンはこぶし花ビール独自の見解であり、他の見解を否定するものではありません。
 
 全国地ビール醸造者協議会によるクラフトビールの定義については下記をご覧ください。
全国地ビール醸造者協議会の定めるクラフトビール(地ビール)の定義
  平成6年4月に酒税法改正でビールの年間最低製造量が2,000キロリットルから60キロリットルに引き下げられました。これにより、全国各地に少量生産のビールメーカーが続々誕生しました。この酒税法改正後に誕生し、個性あふれるビールを少量生産するメーカーのビールを「クラフトビール」(地ビール)と言います。

このことから全国地ビール醸造者協議会では「クラフトビール」(地ビール)を以下のように定義します。

1. 酒税法改正(平成6年4月)以前から造られている大資本の大量生産のビールからは独立したビール造りを行っている。
2. 1回の仕込み単位(麦汁の製造量)が20KL以下の小規模な仕込みで行い、ブルワーが目の届く製造を行っている。
3. 伝統的な製法で製造しているか、あるいは地域の特産品などを原料とした個性あふれるビールを製造している。そして地域に根付いている。
 全国地ビール醸造者協議会・クラフトビール定義委員会
 ご 案 内
 少量生産のため、小口のご注文のみ対応いたします(1c/sより・アソート可)。
あらかじめご了承の程お願い申し上げます。
  羽生ブルワリーの特徴
 
  もともと羽生ブルワリーは、埼玉県羽生市の農林公園〈キヤッセ羽生〉園内で、来園の方向けにビールを製造・販売する施設として設立されました。来園者の皆様に、見て、味わって、楽しんでいただくために作られたパブ・ブルワリータイプのビール工房です。
今も様々なスタイルのビールをお楽しみいただけるよう、四季を通じて5〜6種類くらいのビールを取りそろえ、園内はもとより全国に出荷しています。

ビールの種類は、基本4種類。ビールの4大発祥国と言われる、チェコ・ドイツ・ベルギー・イギリスそれぞれのスタイルのビールを再現しました。また、華やか過ぎず適度に練れた穏やかな味わいづくりに徹していますので、杯を重ねても飲み飽きないビールとして、お客様に勧めいただけます。工場の規模の割に多品種生産のため、時々品切れの場合もありますが、それもブリューパブ由来のブルワリーならでは。どうぞあらかじめご理解いただきますようお願い申し上げます。
 
 こぶし花ビールの特性
 
こぶし花ビールは手造り・少量生産のため、ほかの商品とは性質上異なる場合がありますのでご留意ください。

◇ 供給量に限りがあります。大量のご注文にはお応えできません。
各製品は、タンク・ローテーションの都合などにより品切れとなる場合があります。そのため、料飲店様のゲストビールにもお奨めです。または、「タップ1本をこぶし花ビール用と決めて、色々なビールをローテーション提供して変化をもたせる」といった使い方も可能です。
(平成27年の樽の大幅増強及び蔵置所の設置により、継続的な供給が可能となりました。詳しくはお問い合わせください)

◇ シルキーな風合い / ろ過(フィルターろ過)をしていません。
こぶし花ビールは、ろ過・殺菌などの処理を行っておりません。そのため、お届けする製品に「ヘイズ(かすみ)」が生じる場合があります(これは沈殿前のビール酵母で無害です)。また、びんや樽底にビール酵母が沈殿する場合があります。「タンクの中そのままの味」を味わって頂くため、ろ過を行わない自然の状態でビールをお届けしています。


◇ 生もののため、返品(戻入)はご容赦頂いております(当社に責ある場合を除きます)。
当社製品は無ろ過・非熱処理の要冷蔵品です。そのため、一旦出荷した商品の返品(戻入)は堅くお断りしています。特にイベント等でご使用の場合、未使用品のイベント後のお取り扱いについて、留意ご検討頂きますようお願い申し上げます。

◇ 賞味期限
こぶし花ビールは、90分以上の煮沸工程と、十分な衛生管理のもとで製造しています。また、アルコールと炭酸ガスを含む発酵食品のため、冷蔵下では酸化などによる品質の変化が少ない保存食品でもあります。
賞味期限(おいしくお召し上がりいただける目安)は、びん製品でおよそ3ヶ月(脱酸素王冠使用)。樽製品では約12ヶ月です。

賞味期限の詳細
◇ びん製品:製造(瓶詰め)後3ヶ月+1日(瓶詰め日より3ヶ月後の瓶詰め日と同じ日付) *脱酸素王冠採用
◇ 樽製品:製造(樽詰め)後12ヶ月+1日(樽詰め日より12ヶ月後の樽詰め日と同じ日付)
◇ 樽製品:マイボック・グランクリュは、樽詰め日より15ヶ月
* 「賞味期限」は冷蔵保管(未開封)した場合の美味しくお召し上がりいただける「目安」です(消費期限とは異なります)。
* ろ過・加熱等保存処理をしない「生もの」ですので、当社に責ある場合を除き 返品(戻入)はご容赦いただいております。

◇ 保存方法

全て
要冷蔵です。品質保持のため、必ず5℃以下の冷蔵設備内で保管してください。
* 当社ビール工場冷蔵庫では、0〜2℃の温度で貯蔵・熟成させています(タンク・樽・びん共)。
* 高温下での保管・放置は、「フキ」や香味劣化の原因となります(お買い上げ当日中に冷蔵庫にしまっていただければ問題ありません)。
おいしい保管のヒント
クラフトビールに限らず、ビールは冷蔵しておかないと香味が劣化します。
特にろ過や加熱処理をしないクラフトビールの場合、暑い場所に起きっぱなしにしておくと、ビールに含まれるビール酵母から香味劣化成分が溶出する場合があると言われています(無害ですが香味を変化させます)。クラフトビールは「生もの」です。保管にはちょっと優しさを!
 樽生製品の場合
◇ ビールサーバーは「冷蔵庫式」をご用意下さい。室温下での保管は香味を劣化させてしまいます(当日使い切りの場合を除きます)。
◇ ビールサーバーは、毎日1回水通し洗浄を♪
ビールサーバーは、ビールホースやタップ内をビールが直に触れて流れる、いわば調理器具。冷蔵庫というよりは、まな板やレードルに近い機材です。毎日の洗浄がおいしさの秘訣です!
  びん製品の場合
◇ 店頭に並ぶ前のストック段階でも必ず冷蔵してください。また、地方発送する場合はクール(チルド)便をご利用下さい。暑い環境に長く置かれた場合、香味劣化やフキの原因となることがあります。
◇ ビールは光を嫌います。有害な紫外線に触れた場合、「スカンク臭」と呼ばれるニオイが発生します(無色透明なガラスびんの場合、太陽光に15分さらされるだけでニオイが出ると言われます)。よく見かける茶色のびんは、およそ99%の紫外線をカットするとされますが、長時間置かれる庫内照明は、なるべく紫外線の少ないものをお選びください。
 
 その他
 
◇ 出荷単位 (1回のご注文)
 びん:24本c/s 1ケースより・各種2c/sまで(アソート可能)
 樽生:1本より・一種類 2本まで
  * 上記数量を超える場合はあらかじめご相談ください。
 

◇ 樽製品の口金の仕様
樽製品の口金(フィッティング)はサンキータイプ(アサヒ・サッポロ・サントリー各社様共通仕様)です。
(ビールサーバー等の貸し出しは行っておりません)

◇ 使用済み容器について
使用済みの樽は、お客様ご手配にて返送していただきますようお願い申し上げます。
びんは「ワンウェイびん」です。各地自治体などの処理方法に従ってご処分ください。
 
 製品と容器サイズ
 
   大陸をゆく、大陸を味わう/本格派欧風トラディショナル・ラガー(下面発酵)  
本格派欧風ラガー

トラディショナル・
ラガーシリーズ
 
 銘柄名 ピルスナー   メルツェン  マイボック   
 ビアスタイル ボヘミアスタイル
ピルスナー 
ジャーマンスタイル
メルツェン
ジャーマンスタイル
ヘレス/マイボック
 
 発祥の国 チェコ ドイツ ドイツ  
 アルコール分 5 %  6 %
7 %  
 IBU 25 20 27  
330ml びん シーズン(春〜夏)  
10L樽 - - -  
15L樽  
 
    「主張」から「ハーモニー」へ/リッチ&マイルドな個性派エール(上面発酵)
ESB IPA 黒の憩 ベルギーホワイト グランクリュ
イングリッシュスタイル・エクストラ・スペシャルビター イングリッシュスタイル
インディアペールエール
フォーリンスタウトベースのコーヒースタウト ベルジャンスタイル
ヴィットビール
ベルジャンスタイル
トリペル(アビィ)
イギリス イギリス アイルランド(ベース) ベルギー  ベルギー
6% 6.5 %  6 %  5.5 % 8 %
35 40  40 18 30
330ml びん 330ml びん 330ml びん 330ml びん びん・シーズン(9月〜)
10L樽 10L樽 10L樽 10L樽 10L樽(シーズン・9月〜)
15L樽 15L樽 15L樽 15L樽 -

試飲サンプルについて
(お願い) :
サンプルの送付はご容赦願います。農林公園キヤッセ羽生園内のほか、ビアフェスなどビールイベント等で、こぶし花ビールの味わいをお確かめください。


飲食店様へお願い

ビアバル・ビアカフェ・ビアレストランなど飲食店様で仕入れをお考えのお客様は、
お取引先の酒販店様にご相談ください。

飲食店様で、弊社製品の入手が困難な場合は、お近くの取扱店様のご案内などさせていただきます。
下記リンク先のメールフォームから、お気軽にお問い合わせください。

メールフォームはこちら


流通各社様へお願い
 只今諸般の事情により、ドロップシッピング・産直方式等小口出荷代行、
及びOEM・PB、オリジナルラベル商品には対応いたしておりません。
排他的な有料受発注システムへの加入を条件とするお取引は堅くお断りいたします。
 

詳しくはリンク先のメールフォームからお問い合わせください。
【お願い】
上記リンク先のフォームは、メールソフトを経由していません。
そのため、メールアドレスに誤りがある場合、返信(フォーム受信のご確認)をお届けできません。
数日たって返信がない場合は、改めてご連絡いただきますようお願い申し上げます。(月・火曜定休)

お見積もりはPDFファイルでお届けいたしております。恐れ入りますが数日のご猶予をお願い申し上げます。
お見積もりをMS Excelファイルでご希望の場合は、印章省略の上「読み取り専用」でのお届けとなります。
あらかじめご了承のほどお願い申し上げます。
 Top Page

こぶし花ビール製造元・(株)羽生の里 羽生ブルワリー公式サイト
〒348-0011 埼玉県羽生市大字三田ヶ谷 1725
Tel 048-565-5267
(ご商談は、水曜日〜日曜日に承ります)